スポンサーサイト

-------- このエントリーを含むはてなブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニカーの撮影方法について一考②

2009-04-16 このエントリーを含むはてなブックマーク
スーパーGT第2戦鈴鹿、F1中国GPなど今週末もモータースポーツ目白押しなのですが、間近に迫っても特に情報がありません。
F1のほうはディフューザー問題だとかマクラーレンの虚偽報告問題だとかドロドロした話題ばかりですね。

スーパーGTは新生鈴鹿の東コースの改修による路面変化で、岡山のウェット路面に引き続きタイヤ状態がキーになってきそうとの意見もGTVなどでは聞かれました。

さて、その程度の情報しかないので、今日は昨日の夜に試してみたRAWファイル形式でのミニカー撮影についてレビューしたいと思います。

jada_vw_van1.jpg
こちらモデルのJadaToysのVWピックアップとサークルKサンクス京商の1/100アルファ・ロメオTZ2です。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑
ポチっとお願いします。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : ミニカー 撮影方法

ミニカーの撮影方法について一考①

2009-04-13 このエントリーを含むはてなブックマーク
いままで、このブログに載せてきたミニカーの画像はなんとなく撮影したものばかり。
背景やベースとなるものは少し手を加えたりしましたが、カメラなどの機材は予算の関係もあり、手持ちのものでなんとなく済ませてました。
なので当初はコンパクトデジカメ(以下コンデジ)のマクロ機能を使って撮影。
しかし、マニュアルフォーカスや絞り優先機能が無いので、最近はデジタル一眼レフ(以下デジ一)で撮影していますが、こちらはマクロ機能やマクロレンズがない。

まとめると、
コンデジ:寄った画像は撮れるが被写界深度が浅い
デジ一:全体にピントが合った画像(被写界深度が深い)は撮れるが、引いた画像になる。

で、妥協策としてデジ一で引き気味(被写界深度深い=F値大きい)で撮影→トリミング、としていました。
ところが、先日撮影方法について考える機会があり、クローズアップレンズ(フィルター)のことを思い出しました。
どうしても屋外で撮影することや動く被写体を撮影することが前提というか、そういうモノも撮れるということが前提になってしまい、利便性のあるマクロレンズにばかり気が行ってしまってました。
相手がミニカーであることに特化すれば、被写体は動かないんだし、決まった場所で撮影するんだから遠くの被写体にピントが合わなくてもいいんですよね。

というわけで、早速↓のクローズアップフィルターを購入。

test_closeuplens1.jpg

で、お試し撮影。以前紹介したhpiのR32TAISANにご登場いただいた。

test_taisan2.jpg


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑
ポチっとお願いします。

続きを読む

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : ミニカー 撮影方法

プロフィール

longzuo

Author:longzuo
”ろんつぉ”と読みます。
GT-R(特にR32)のミニカー中心の初心者コレクターです。

mail
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
タグクラウド


NISSAN HERITAGE
JavaScriptを有効にしてください。
RSSリンクの表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。